English
旅     行
スピリチュアル
メンタルヘルス
Detoxツアー
エコビレッジ ツアー
AHP スペシャルガイド
投資ツアー
留     学
AHP 留学相談クラブー会員制
海外サマースクールプログラム
語     学
ヒーリング & セミナー
SRTプラクティショナ-
SRTニュース
SRT
SpR
SRTメンバー
セルフヒーリング
セミナー/ワークショップ
AHP21世紀プロジェクト
各種プロジェクツ
商品グッズ
ペンデュラム・スターターキット
jiten グッズ
その他
AIU 海外旅行傷害保険
リンク集
採用欄
会社地図

韓国 四象体質医学の旅

▋韓国 四象体質医学の旅 イン チョンジュ(全州)▋

 

韓国が世界に誇る'四象体質医学'によって自分の体質を判定してもらい、その体質に合った自分だけの漢方薬を入手することが可能な旅です。

 

韓国漢方は中国の漢方とは全く異なり、人が持つ体質を4つに分類し、それぞれの体質からもたらされる特有の病や疾患を判定することで、その処方を行うという世界にも類を見ないものとなっています。現況に於いて、余りにも細分化された西洋医学で診断ができても治療が困難な場合がありますが、韓国四象体質医学の観点からその治療の可能が見えてくる場合があります。

 

それでは、四象体質医学とはどのようなものなのでしょうか? 19世紀末の朝鮮時代に李齊馬(イ・ジェマ)という官吏が打ち立てた論理であり、1894年に初めて彼によって書かれた本『東医壽世保元』に彼の研究の集大成が記されています。その後、彼が亡くなるまで、更なる臨床体験を重ねて改訂されました。そして、後に弟子たちにより四象体質医学の原点となるべく本として出版されることになりました。

 

前述の如く、四象体質医学は体質を4つに分類し、それぞれ体質ごとに生理/病理/治療/健康についての研究を行い、病や疾患を始め、病気の治療とその予防を含め、独自の体質医学を打ち立てるに至りました。そして、言行と心のコントロールを行うことで、健康で充実した生活を送るよう支援する医学となっています。四象体質医学の治療に於いて最も重視するのが、患者の心の状態、そして同じ病気であっても体質的な特徴を捉えた治療を施す点です。

 

四象体質医学では、体質ごとに独自の性格や内臓機能の特性を有する点から、それぞれの体質に合った食物摂取を奨励しています。これは古より漢方医学に於いて「医食同源」を説かれているように、病気の予防や治すのも、食事をするのも、生命を養い健康を保つためで、その本質は同じであるということに基本を置いているからです。心身共に健康でバランスの取れた状態では、自分の体質に合わない食物を摂取してもそれ程目立つ障害が現れませんが、免疫機能や抵抗力を欠いた疾患状態での体質に合わない食物摂取は、更に体のバランスを崩し、障害となり、長い期間継続することで発病に至る可能性が大となります。例え、四象体質医学に興味がなくても、自分の体質とそれに適する食物の知識を持つだけでもバランスの取れた健康的な生活を送る手助けになるのではないでしょうか。

 

四象_潭陽トックカルビ 001.jpgさて、この旅の第一日目に全州の四象体質医学の漢方医院に行きます。訪院する漢方医院長先生は、なかなかの実力派で、且つ気さくな人柄をお持ちの方です。皆様に対する診察にもしっかりと対応し、質問にも心より答えていただけます。また、韓国漢方薬もソウルと比較すると約3割安く入手可能です。そして、2日目には、四象体質医学関連施設がある韓屋村を訪問いたします。四象_bibinba 001.jpgそこは、コンピュータ体質判定(日本語あり)を始め、歩き疲れた足を癒やしてくれる足湯を体験することができます。そして、午後は、潭陽のヒーリングの名所であるメタセコイア道路と竹緑院を散策し、グリーンエネルギーを体に一杯に吸収させ、夜には潭陽名物、"竹ごはん"と"トックカルビ"を楽しみます!

 

 

▋4つの体質の特徴 ▋

■体質には◆太陽人、◆太陰人、◆小陽人、◆小陰人の4つに分類され、それぞれ次の特質を示します:

 

太陽人

太陰人

小陽人

小陰人

体の特徴

•頭が大きく丸い。

•首筋と頭の後ろ

が発達。

•顎が狭い。

•体は痩せていて

目に輝きがある。

•天才、戦略、

革命家。

•顔は丸型か楕円形。

•目、耳、鼻、口が

大きい。

•体格的には大きい。

•口数が少ない

人が多い。

•豪傑、政治家

タイプが多い。

•頭が前後に出て

いる。

•目が鋭い。

•上半身のわりに

下半身がやせて

いる。

•性格はせっかち。

•行動派。

•キャリア

ウーマン。

•奉仕活動家が

多い。

•美男美女が多い。

•目に精気がない。

•上半身に比べ

下半身が発達。

•性格はち密で着実。

•嫉妬心が強い。

•内気。

•女性はやりくり

上手が多い。

医学的特徴

•肺機能が良い。

•肝機能が弱い

•肝機能が良い。

•肺機能が弱い。

 

•脾臓、胃が強い。

•腎臓が弱い。

•脾臓、胃が弱い。

•腎臓が強い。

注意する病気

•肝臓疾患

•消化不良

•眼病

•食道ケイレン

•不妊症

•急性肺炎

•気管支炎

•ぜんそく

•心臓病

•高血圧

•腫れもの

•大腸炎

•痔

•便秘

•風邪、

•盲腸炎

•黄疸

•心臓病

•膀胱炎

•尿道炎

•早漏

•不妊症

•腰痛

•狭心症

•むくみ

•消化不良

•胃炎

•胃下垂

•憂鬱病

•慢性腹痛などの

慢性・急性胃腸病

•神経性疾患

•手足の冷え

•車酔い

•下痢、etc.

 

 

四象_潭陽メタセコイア道路 001.jpg四象_潭陽竹緑院 001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▋四象体質医学で治療効果を上げている病気 ▋

 ♦鼻炎、婦人科疾病、拒食症、過食症、ストレス性の病、ガン、etc.

  〔依存症関係は余り向いていないようです。〕

 

▋ツアー体験談 ▋

四象_certificate 001.jpg数年前より古本屋で目にしたムック本でこの医学のことを知りました。そして、韓国でも著名な大学病院の韓国漢方科に行き、体質判断をしてもらいました。その時の検査方法は、先ず、質問書への記入、体重、身体的バランス(頭や首、胴体など全部計測)、声などのチェックを行いました。私は、行動派でせっかちな性格を持つことと、総合的な体質の特質から小陽人であると判明いたしました。そして、そこでの資料をいただき、帰国の途に着きました。その後2009年に東京で韓国四象体質医学の医学学会が開かれることになり、民間人の一人として参加をいたしました。そこでの2日間に渡る体験は私に取ってとても有意義なものでした。

 

四象_黄先生 001.jpg2013719日から21まで、全州にある地元でも著名な四象体質医学医院を初めて訪れ、診察して頂きました。私の体調は、4月末からストレスと過労から、3か月程、体のかゆみに悩まされていました。この症状は、数年前からストレスと過労が重なると出てきていました。夜床に就き体が温まってくるとかゆみを発症し、2-3時間おきに体を冷やしてかゆみを和らげるという状況でした。勿論、日本の病院には、内科、泌尿器科、婦人科を含め、10か所以上に行って診察を受けましたが何処の病院でも確かな原因を掴めず、唯、かゆみ止めクリームとアレルギーを抑える薬のみが処方されただけでした。

 

ところが、この韓国四体質病院では、先ず、私の体を診察した後、心のあり方や行動パターンに関する多くの質問を受け、体質が小陽人であることが再度確認され、その体質の特質より今回の病の原因は熱が胃に溜まることから来ているものであると分かりました。つまり、小陽人の病気への要因となるのが排泄(尿も便も)で、それが順調でないと熱が体に籠もり、体のかゆみなど、多くの体調問題の引き金となることが分かりました。

 

四象_漢方薬 001.jpgそれで、今回、私の体に合った胃の熱を取る韓国漢方薬を20日分(一日3回食後)処方してもらいました。そこで処方を依頼すると、翌日には出来上がり、ピックアップ出来るのでとても便利でした。今は、飲み始めてから、丁度、1週間目です。効果を実感したのが4日目の朝でした。起きた瞬間、何時も感じていた両手のむくみがなく、スムーズに握れたこと!むくみが無くなったため、両手が一回り小さくなっていました。また、最大の懸念であったかゆみも消えて行き、8日目の今日は、顔色に一段と透明感が増し、皮膚がきめ細かくなっているのが自分自身を含め、周りの人まで気付いたようです。自分に合ったお薬をいただけるというのは、こんなにも違うものなのかと、今回は、只々'感服の至り'を隠し得ない状態です。

 

▋日程スケジュール ▋

 

曜 日

 

 

 

食 事

01

火・水

▶羽田発:09:15

▶金浦着:11:30

▶全州へ専用車で移動。

12:00-16:00(到着予定)

•途中、ドライブインで

昼食[自費]

▶着後、四象体質医学病院にて

体質チェック。

•ビビンバ発祥の地で

全州ビビンバを食す。

KE2712

 

 

 

 

 

ホテル泊

 

 

 

 

 

夕食

02

水・木

▶宿にて朝食。

▶韓屋村散策。

•漢方足湯

•伝統茶試飲

▶昼食:スン豆腐、

ドングリのこんにゃく、

又は韓屋村にてトック

カルビ。

▶昼食後、潭陽へ(約75分)。

•メタセコイア道路と竹緑院散策。

▶夕食:竹ごはんとトックカルビ。

▶夕食後、全州へ戻る。

 

 

 

 

 

 

ホテル泊

朝食

 

 

昼食

 

夕食

03

木・金

▶ホテルにて朝食。

▶漢方薬を取りに行く。

▶専用車にて

ソウルへ戻る(約3.5時間)。

▶大型マートにて

ショッピングを楽しむ。

▶金浦発:16:30

▶羽田着:18:35

 

 

 

KE2709

 

朝食

 

 

▋概 要 ▋

期 間:通年、日本発:火曜日、または水曜日/23

費 用:現地集合の価格です(航空券は別):


 

スタンダード

デラックス

お一人様/一人当たり

126,000

139,000

お二人様/一人当たり

108,000

125,000

お三人様/一人当たり

98,000

108,000

シングル ルーム追加費用

13,000

18,000


最低催行人数2名様から最大4名様まで。

締 切ご出発希望日の14日前まで。

費用に含まれるもの現地での交通費用、宿泊費用(ツイン)、手配費用、

ガイド、通訳費用、日程記載の食事、診察費用。

費用に含まれないもの往復航空運賃、航空運賃に付随する税金と燃費差額、

漢方薬費用。

お申込み方法:正式なお申込みは、予約金3万円と参加申込書が弊社に

到着した時点となります。

♦弊社を通じて航空券を手配されたい方は、

発券予約手数料が3,240円かかります。***

お申込書はメール、またはFaxにてお問い合わせ下さい:

ahptravel@gmail.com 又は ahp@aioros.ocn.ne.jp

振込先三井住友銀行 飯田橋支店 普通:309080

名 義()アクエリアンハウス・プロジェクツ